ノンエー石鹸の効果的な使い方はない!?

ノンエー石鹸の効果的な使い方はない!?

 

ノンエー石鹸はキメが細かい上に弾力のある泡立ちが特徴的な、洗顔石鹸となっています。
ノンエー石鹸の効果的な使い方を説明していきます。

 

ポイント1

そのため効果的な使い方としてはまずはぬるま湯等でゴルフボールで2、3個分の泡を作る事です。

 

ポイント2

次にその泡を優しく撫でる様な感覚で、顔全体に広げて行きます。その際、しっかり塗り込もうと肌を擦る様に広げるのは避けるべきです。出来るだけ肌やニキビに刺激を与えない様に、優しく広げて行くのが使い方のコツと言えます。

 

ポイント3

その後はぬるま湯を使用して顔全体に広げた泡を洗い落として行くのですが、洗い落としがない様にする事が大事です。

 

ノンエー石鹸は肌に刺激が少ない洗顔石鹸ですが、洗い落としがあると幾分刺激となる恐れがあります。効果的な使い方としては、顔全体にしっかり広げた上にきちんと洗い落とす事が大事です。

 

※ただし顔の場所によっては、皮脂の分泌量が多くてニキビが出来易い所も存在します。そういった所はダブル洗顔を行う事で、効果を高める事が可能です。

 

 

ノンエー石鹸 使い方 更にノンエー石鹸でニキビをしっかりと改善するための効果的な使い方としては、洗顔後も注意する必要があります。洗顔後に顔をタオルで拭く際は、ゴシゴシ擦るのではなくタオルで水気を吸い取る様にすべきです。ゴシゴシ擦ると肌に刺激を与え、皮脂の分泌を促しニキビが出来る原因となります。ノンエー石鹸で洗顔する際は、最後まで肌を優しく扱う事が重要です。

 

ノンエー石鹸はどの位で効果がでるの?期間は?

ノンエー石鹸の効果的な使い方はない!?

 

ニキビなどに効果があるノンエー石鹸ですが、どの位で効果がでるのか気になるところです。

 

もちろん人によって違いがあるので一概には言えませんが、最低でも数ヶ月といった期間で使うようにしたいです。

 

※肌のターンオーバーには時間がかかるからで、くれぐれも数週間使った程度でやめてしまわないようにしたいものです。

 

 

それからノンエー石鹸は思春期ニキビにも効果はあります。ただし、いわゆる「思春期」と呼ばれる十三歳から十八歳くらいまでの期間は使い続けておく方が無難です。その間は非常に皮脂の分泌が多い時期ですから、ノンエー石鹸の使用をやめた瞬間にまたニキビが再発する恐れがあるからです。

 

他にも黒や白、黄色といったニキビでも使っておくと良いでしょう。しかし、すべての人に合うとは限らないため、こちらも数ヶ月間使用してみます。それでも改善しない、あるいは何かしらの異常がでるのであれば、ひとまず使うのを中止しておくのが良いです。

 

ノンエー石鹸 使い方  そして頭に入れておかなければいけないのは、ノンエー石鹸は非常に洗浄力が強いという点です。そのことによってニキビなどが改善されるわけです。ところが反対に皮脂を落とし過ぎるため、乾燥肌の人は症状がひどくならないように慎重に使いましょう。

 

ノンエー