ニキビ顔で就活は不利になる!?※対処方法あり!

 

ノンエー

ニキビが顔にできていると、就職活動では不利になるのでしょうか。

 

自分の会社で働いて欲しいという人を採用する面接官にとって、

  • キチンとしている人
  • 常識のある人
  • 清潔感のある人
  • やる気のある人

を見極めていくことが大切になります。

 

 

その時に、ニキビができている人を見たら、どうしても暗い人という印象を持たれてしまうのではないでしょうか。

 

ニキビがあることをきにしてしまい、落ち着きのない態度であればなおさらです。つまり、ニキビが顔にできているということで、不利になってしまっているのです。

 

 

 

では、ニキビを治しながら就職活動をしましょう。

 

ニキビは、1週間で完治できるものではありません。ニキビケアをはじめて早い人で2週間くらいから何か違うという兆候がでてきます。1ヶ月も経つと、どんどんできていたニキビが、新しいニキビができにくくなっているというくらいになってきます。

 

 

その後、少しずつニキビが減っていき、いずれはキレイに消えていくのです。そこに至るまでの時間は、人によって違います。ニキビの具合にっても違います。

 

 

ノンエーで、まずは夜しっかり洗顔をするところから始めましょう。ニキビが減っていくと同時に、就職への道がみえてくるかもしれませんね。

 

 

 

ノンエー石鹸についての記事を見る

 

 

関連ページ

バイト面接でニキビは不利?
バイト面接でニキビは不利なのか詳しく紹介していきます。バイトの内容が接客に関することだったのなら、表情の明るさ暗さは、採用不採用に大きく影響してきてしまうのではないでしょうか?